シンゴジラ DVD/BD のアマゾンでの価格ならこちら。シン・ゴジラ DVD&BDはアマゾンの他、セブンイレブンや楽天ブックス、ローソンでも激安で店舗限定特典つきですよ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンゴジラ DVD/BD 予約はアマゾンが最安値!

シン・ゴジラ Amazon限定特典つき


今年最も注目を集めた邦画といえば「君の名は」と「シン・ゴジラ」でしょう!

そのシンゴジラDVD&BD で2017/03/22に早くも発売されます!

店舗特典なしの場合の予約価格は、アマゾン26%OFF最安値です。
セブンイレブン25%OFFとほぼ最安値です。
早期購入特典つきや初回生産限定特典つきを早めに予約したほうがいいですよ。

価格だけでなくシンゴジラは店舗オリジナル特典が凄い!

セブンイレブン限定特典メカゴジラがつき!
アマゾン楽天ブックスローソンもそれぞれオリジナル特典つきがありますので
在庫があるうちに予約してくださいね。


アマゾンで予約

特別版 BD4枚組とBD3枚組にはAmazon限定特典つきあり
amazon限定特典 オリジナルスチールケース(ディスク4枚収納可能)



------------ Amazonレビューより -------------------

「やっと出た…」が正直な感想です。
7月に劇場で見て、それからロングランもロングラン、いつになったら自宅でこれが見られるという情報が来るんだろう…と思ってました。

父が東宝の特撮物が大好きで、ゴジラシリーズももちろんその中に含まれて、物心着けば自宅に初代ゴジラのプラモデル、私のかるたデビューはセイカのゴジラかるたでした。(子供ものなのに、絵が劇画タッチ)
それでもゆっくり映画自体を見る事がなくて、私自身の真のゴジラデビューはこの『シン・ゴジラ』になりました。(シャレじゃないです)
いきなり現れた正体不明の巨大生物に右往左往しながら立ち向かっていく人間達が、どう戦うのか。
主役の長谷川さん演じる内閣官房副長官の矢口が、生物説を笑い飛ばす周りをよそに危険性を危惧、癖のある巨災対のメンバーをまとめ、特には最前線で指揮を取リ、犠牲者には心からの哀悼の意を示す正統派ヒーローの熱い男になっていたのも、よかったと思います。

そしてもう一つの大きな主役、ゴジラ。(やけにゆっくり上品に歩くなあ、と思ってたら野村萬斎さんがアクターだったからなんですね)
ただの脅威とは思えない存在でした。
ただ歩いている(ように見えました。何を目指しているのかは不明)だけなのに、自分を生みだした人間から攻撃を受ける存在。
初めて傷を負わされて、あの放射線を吐くのですが、あの様子はいきなり傷つけられて、痛みと困惑と動揺でパニックになって暴れているように見えました。
あと今でも忘れられないのは、官僚の「でかくても、所詮生き物だろう。殺せる」という言葉。人間の高慢さがここまで詰まったセリフはそうそうない気がします。
人間は助け合う事も出来るが、これ以上ないくらい残酷にもなれる、それを見せつけられた気がしました。

ゴジラのビジュアル、CGはここで言う事はないと思います。さすが庵野マジック。これで良いかと思います。
この最終形態のゴジラを見た父は「原点に戻ったゴジラ」と褒めていました。尻尾があれくらい長いのが初代ゴジラと近いそうです。
見てもらって感想を聞きたい。それも届いた時の楽しみです。

------------ Amazonレビューより -------------------


商品説明

興行収入80億円突破!シリーズ累計観客動員1億人突破!!

第1作の「ゴジラ」(1954)が公開されてから約60年。
現在までに国内で計28作品が製作され、第29作目にあたる本作で、シリーズ累計観客動員数はついに1億人を突破!
また興行収入は、2014年に公開されたハリウッド版「GODZILLA」の32億円を大幅に超え、80億円を突破!
本年、国内で公開された実写映画最大のヒットとなった!!


<収録内容>
【Disc】:4K ULTRA HD1枚、Blu-rayDisc Video3枚(本編DISC2枚+特典DISC+スペシャル特典DISC)
・画面サイズ:シネスコサイズ
・音声:日本語3.1ch dts-HD Master Audio/日本語2.0ch dts-HD Master Audio
・字幕:日本語字幕

【特典DISC Blu-ray】
・プロモーション映像集
・キャンペーン映像集

【スペシャル特典DISC Blu-ray】
・メイキング ・アウトテイク
・プリヴィズリール ・プリヴィズアウトテイク
・CGメイキング

※収録内容は変更となる場合がございます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。